トイレの水のトラブルで多い水漏れ

トイレの中で起こりやすいトラブルとしては詰まりを挙げることができ、これと同じく起こりやすい症状が水漏れです。水が漏れてしまう症状は軽度だと単に少し水が漏れる程度ではありますが、トイレの環境が不衛生になってしまいますし、水道料金がかかるようになるためトイレの交換をするなど早めに改善を図っていかなければなりません。トイレの水漏れはどういったことが原因で起こるのでしょうか。またその場合にはどういった対処法が必要になってくるのでしょうか。

■トイレの水漏れによる症状

トイレは便器やトイレタンクなど、いろんな箇所で水漏れが起こります。見た目で分かることもありますが、トイレタンクは目で見えない個所もあるため、水道料金によってトラブルの発生を知ることもあります。トイレの水漏れの原因としては、いくつか兆候が見られます。最も分かりやすいのがひび割れている場所から水漏れが起こっているというものです。少量の水漏れの初期症状だけではなく、悪化すると多くの水が漏れてしまいます。また床が濡れていることもあります。拭き掃除をしているのに不自然に濡れていることが多い時には、水漏れを疑った方が良いでしょう。水漏れは自分で修理をすることが難しいので、水のトラブルに関する対応をしている業者へ速やかに依頼をするようにしましょう。

■トイレの水漏れの対策は一時的なもの

トイレの便器やトイレタンクから水漏れが起こった場合には、応急処置だけを行うようにしたいところです。水漏れが起こると自分で修理することは難しくなるため、一時的な応急処置を施しておき、速やかに水のトラブルの修理を行っている業者に連絡をした方がいいでしょう。応急処置では融着テープを使用します。水漏れをしている個所に融着テープで固定をすれば一時的に水漏れを防止することができます。この他にパテを使用するなど本格的な処置もできますが、業者に修理を依頼した方がその後の安全という点からも望ましいと言えます。信頼できる業者なら修理もきちんと行ってくれるため、今後水漏れがすぐに再発することはありません。

■まとめ
トイレでは詰まりの他に水漏れも起こりますが、水漏れの場合にはひびが入っていることが多いため、自分で処置をすることは避けた方がいいでしょう。安心してこれからもトイレの使用をするためには、修理の業者に任せてしまう方が楽ですし安心です。ただ業者が来るまでの一時的な応急処置として、融着テープで固定をしておく程度であれば問題はありません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ